服に着られるとは?

すべての服がすべての人に似合うことはありえないことです。
同じ服でもとても似合う人もいれば、似合わない人もいます。

この似合う似合わないを別の表現をすると、服を着ているのか、服に着られているのかという表現になります。

しかし、服に着られるという状態は似合っていないの一言で済む問題でもないのです。

服が持つ魅力的な力、人に「いいな」と思わせる力が勝っている状態にあるのでこの状況が生まれてしまうのです。
つまり、自分自身を磨く必要があるということです。

モデルやおしゃれな人は服に着られることはありません。
それは、自分を磨く努力をし続けているか、天性のセンスを持ち合わせているからです。

センスだけでは到底敵いませんが、これは努力によって改善できるのです。
例えば、ダイエットしたり、おしゃれを気にするようにしたりすることで、自分自身を磨くことはできます。

服に着られている状態は、服の持つ魅力が際立っている状態です。
つまり、その服の魅力を引き出すところまで言っていないのです。

しかし、様々な努力を積み重ねることで服を着られるようには誰でもなれます。
自分自身を磨き、自分の感性を引き上げ、服が自分を引き立たせる状態まで持っていきましょう。

そのための方法論を別の記事で8つご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です